敗戦の瀬戸際から一転、東北楽天が意地と執念で今季初の引き分けに持ち込んだ。立役者は九回に代打で同点打を放ち、延長に入ってからは3年ぶりの遊撃守備と攻守に奮闘したベテラン松井稼。梨田監督は「(遊撃の1...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)