日本陸連は26日、8月の世界選手権(ロンドン)代表として、男子短距離は日本選手権の2種目制覇で既に決まっていた18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)に加え多田修平(関学大)ケンブリッジ飛鳥(ナイ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)