陸上の日本選手権最終日は6月25日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子5000メートルで高知県須崎市出身の鍋島莉奈選手(日本郵政グループ=山田高校出身)が、15分19秒87で初優勝。世界選...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)