7月の大相撲名古屋場所の新番付が26日に発表され、幕内の御嶽海(本名・大道久司、長野県木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は、西の関脇に初めて昇進した。長野県出身の新関脇は1933(昭和8)年1月場所で西...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)