公的施設などの呼び名をスポンサー企業が決められるネーミングライツ(愛称命名権)。群馬県内では財源確保を狙う自治体が権利を売却する事例が増えており、県や前橋市などが保有する計12施設で導入されている。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)