陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は25日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、200メートルの男子は18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒32で初優勝して代表に決ま...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)