東北楽天の銀次が2打点を挙げ、打線をけん引した。打線はリーグ戦再開後の2試合で計5得点と湿り気味だっただけに、「点を取れるところで取ることが大事」と強調した。  一回は2点を入れた後の1死三塁から中...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)