東北楽天の聖沢が14日のヤクルト戦以来となる、3番左翼で先発出場した。一回に先制の中前適時打を放ち、「チャンスで期待に応えることができてよかった」と笑顔を見せた。  無死二、三塁で浦野の外角直球を鋭...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)