終了の笛が鳴ると同時にその場に突っ伏したのは、勝ったC大阪の選手たちだった。「逆転するまで戦いたい」と気迫を見せた仙台イレブンは誰一人としてしゃがみ込まない。屈辱の敗戦を喫した天皇杯初戦の筑波大戦か...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)