北谷町吉原の住宅街にたたずむ国際沖縄少林流聖武館総本部道場。風が通り抜ける大きな窓が特徴の道場は、館長の島袋善保範士十段(73)が高校卒業後、当時館長だった父善良範士に提案して設計したこだわりの場所...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)