陸上の日本選手権第2日は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子400メートル障害決勝で安部孝駿(デサント、光南高出)が49秒32で初優勝を飾り、2大会ぶり3度目の世界選手権代表に内定し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)