東北楽天の先発安楽は3-2の五回、勝利投手の権利を得る目前の2死までこぎつけながら無念の降板。今季初白星はまたもお預けとなった。  「一回から調子が上がらず、球が走らなかった」と振り返るように、14...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)