東北楽天の梨田監督は五回2死一、二塁の場面で、先発の安楽を高梨に代えた。1点差を守ろうとする狙いが当たれば、今季の名采配の一つに数えられるはずだったが、裏目に出た。  次打者は中田、さらにレアードと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)