日本ハムは22日、近藤健介捕手(23)が札幌市内の病院で診察を受けた結果、腰部椎間板ヘルニアと診断されたと発表した。全治は未定で、今後は痛みを確認しながら練習を再開する予定だが、前半戦は絶望的。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)