「(下のカテゴリー相手に)やりづらさがある」-。横浜M時代、天皇杯優勝を知るDF小林がこう語った初戦のスタメンを、主力組で固めた鳥栖。前半シュート7本を放ちながらこじ開けられなかった相手の壁を、世界...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)