プロ野球東北楽天の嶋基宏選手が宮城県内のダウン症の子どもと家族を、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城(コボパ宮城)の試合に招待する取り組みを始めた。球場3階の個室観覧席を用意し、日本ダウン症協会宮城...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)