今年の東京六大学野球春季リーグで、慶大の郡司裕也捕手(仙台育英高出)が初のベストナインに輝いた。2年生ながら全14試合に出場してリーグ3位の打率3割4分5厘と活躍。チームは立大との優勝争いに敗れて2...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)