四国4県の高校総体を勝ち抜いた代表が争う四国高校選手権の最終日は19日、陸上とサッカー男子の2競技が行われた。    全国総体の予選を兼ねた陸上の男子200メートルで酒井翼(鳴門渦潮)が21秒66で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)