【壬生】2022年の栃木国体で山岳競技会場となっている町は、同競技の普及を目的に町体育館など町内14カ所にボルダリングウォール(人工壁)を設置することを決めた。地方創生事業を活用して約1億円をかけて...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)