2019年秋に供用開始予定の八戸市立屋内スケート場で、市がこけら落としとして招致を目指していた20年のスピードスケート世界選手権。別の大会との統合案で各国の誘致合戦が過熱し、市は開催切符を手にできな...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)