東北楽天の岡島が六回1死一、二塁、2ストライクに追い込まれてから、しぶとく先制打を放った。二塁付近へのゴロ打球は、遊撃手糸原の脇を際どくかすめ、転々と中前へ抜けた。日頃から打撃職人の雰囲気を漂わせる...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)