つくば市の筑波大学(永田恭介学長)が、同市の中心部にアリーナ施設を建設する構想を進めている。2020年東京五輪・パラリンピックまでに、7千人から8千人を収容できる施設を建設したい意向だ。大学に所属す...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)