東北楽天は八回、阪神の勝利の継投を担うマテオを攻略した。突破口を開いたのは、無死一塁から二盗を決めた4番ウィーラーだった。勝負どころで外国人選手の足技という奇襲作戦が見事にはまり、梨田監督は「狙えれ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)