東北楽天は八回に一挙6得点の猛攻を見せ、競り勝った。連敗を3で止めるとともに、リーグ首位のまま交流戦を終えることが確定した。  打線は2-2の八回1死二塁から島内の左越え適時三塁打などで2点を勝ち越...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)