9戦ぶりの白星をつかみかけていた。だが、最後に落とし穴が待っていた。相手の猛攻をはね返そうとした松原の痛恨のハンドでPKを献上。決められたのは49分。5分間のロスタイムであと1分をしのげなかった。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)