東北楽天は交流戦の終盤に入り、投打がどうもかみ合わない。最終カードの阪神との初戦を落とし、3連敗。これで交流戦の最高勝率チームになる可能性が消えた。  1-2の八回、梨田監督は3番手の久保を続投させ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)