全日本大学野球選手権で準優勝した国際武道大(勝浦市)の野球部員らが十四日、市役所に猿田寿男市長を訪れ、秋の明治神宮野球大会での雪辱を誓った。  国際武道大は十八回目の出場で、これまでは一九九〇年のベ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)