重量挙げの世界ジュニア選手権は16日、東京・大田区総合体育館で開幕し、男子56キロ級で益子広幸(日大)がトータル244キロで銅メダルを獲得した。平井海斗(東京国際大)は232キロの8位で、258キ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)