バレーボール女子チャレンジリーグの仙台ベルフィーユが一般社団法人日本バレーボール機構から経営悪化を理由にリーグ退会を勧告された問題で、チームは15日、通常通りの練習をしたが、選手の間に動揺が広がった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)