J1のアルビレックス新潟は17日、デンカビッグスワンで大宮と対戦する。最下位脱出が懸かる一戦で、小泉とロメロ・フランクのボランチコンビの動きが鍵を握る。陣形変化に合わせた新たな役割に対応し、攻守をも...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)