チャンスメークができる。決定力もある。大田が理想的なリードオフマンの姿を体現している。1点リードの六回一死二塁では「内角が気になったけどアジャストすることだけを考えていた」。思惑とは異なる外角チェン...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)