左上腕などの負傷で5月の大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が15日、千葉県習志野市の阿武松部屋で休場後初の出稽古を行い、20歳で新鋭の幕内阿武咲と15番取った。関取と相撲を取るのも夏場所後は初...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)