袖ケ浦市職員の小堺健一郎さん(35)が十五日、プロボクサーとして十三年ぶりに東京・後楽園ホールのリングに立つ。再挑戦の舞台は「東日本新人王戦(ライト級)」。大学四年でプロデビューし、二戦して一敗一分...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)