公文が移籍1年目で待望のプロ初勝利をつかんだ。同点の延長十一回に登板すると、堂上、大島、ビシエドを3者凡退。十二回の勝ち越しを呼び込んだ。  二死を奪い、迎えたのは前日13日に2本塁打の4番・ビシ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)