断続的な雨の中、東北楽天の釜田が6回2失点(自責点0)と先発の役割を果たし、約1カ月ぶりの3勝目を手にした。「納得できなかった今までの2勝と比べ、自分らしい投球ができた」と111球の粘投を振り返った...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)