左太もも裏肉離れで2軍調整中の日本ハムの大谷が13日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設の屋外ブルペンで、負傷後初めて実戦と同じ距離で投球練習を行った。球速は未計測だが、球を受けたブルペン捕手は「150キロぐ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)