仙台育英はわずか2安打。決勝点を無安打でもぎ取るしたたかさを見せたが、1点を争う展開でチームを支えたのは、主戦長谷川の熱投だった。  最大のピンチは七回。四球と内野安打で2死一、三塁とされ、打席に瀬...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)