第66回全日本大学野球選手権は11日に神宮球場で決勝が行われ、立大(東京六大学)が9-2で国際武道大(千葉)を下し、1958年以来59年ぶり4度目の日本一にたどり着いた。  就任4年目の立大・溝口...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)