ソフトボールの全国高校総体(インターハイ)県予選最終日は10日、平城高校グラウンドで決勝を行い、奈良女子が8―1の五回コールドで天理を下し、4年連続26回目の優勝を果たした。  奈良女子は初回、小...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)