大相撲の横綱稀勢の里が11日、水戸市にある常陸山の像の前で土俵入りを行い、同じ茨城県出身で第19代横綱として明治時代後期から大正初期に君臨した大先輩の前で力強い雲竜型を披露した。  この日は田子ノ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)