ドイツであった卓球の世界選手権混合ダブルスで日本勢として48年ぶりの金メダルを獲得した吉村真晴選手(23)=名古屋ダイハツ=が9日、母校の野田学園高校(山口市野田)を訪れ、卓球部の恩師や後輩に快挙達...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)