二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの選手村で使う大量のエアコンやユニットバスなどの設備が大会後に不要になるとして、東京都は使い道のアイデアの募集を始めた。  不要となるのは、一万五千台のエアコンや四...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)