東北楽天は投手陣が序盤に崩れた。塩見に代わって急きょ先発した戸村が二回に適時打2本などで3点を先取され、三回に無死一、二塁のピンチを招いて降板。救援した久保も踏ん張れず、押し出し死球と適時二塁打で3...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)