重い病気を乗り越え、大好きな野球に再び打ち込む少年がいる。北九州市八幡西区の黒崎中1年の森荘太君(13)は小学4年の時、大腿骨(だいたいこつ)への血流が止まり骨が壊死(えし)する「ペルテス病」を発病...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)