八回、杉谷とレアードの連続適時打で1点差とし、なおも無死二塁で迎えるは中田。一発出れば逆転の絶好機で、背番号6は空振り三振に倒れた。押せ押せムードはしぼみ、後続も凡退。4番がブレーキとなり、昨季日本...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)