二〇二〇年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が七日、五輪のサーフィン会場となる一宮町の釣ケ崎海岸を視察した。組織委、県、町など地元の三者が、あと三年余りに迫った大会の成功に向けて、連...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)