第136回春季北信越高校野球大会(3〜6日・新潟県)の県勢は、小諸商(長野1位)が準決勝、東海大諏訪(長野2位)が準々決勝で敗退した。決勝に進んだ石川県勢などとは力の差があり、両校とも現時点の課題が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)