牛久市内の少年院「茨城農芸学院」で五日、五十年以上続く恒例の相撲大会が開かれた。一九六一年の初回から、大相撲の宮城野部屋が三代にわたり、大会を支援している。宮城野親方(元前頭の竹葉山)は「こんなに長...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)