全日本大学野球選手権に51年ぶりに出場する立大の手塚周投手(2年)は東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故で避難生活を経験した。東京六大学に憧れ、浪人生活も経験した苦労人の21歳は「格式の高いリ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)