1964年東京五輪のオリンピアンが次の世代に思いをつなぐ「1964年からの手紙」。第2回は体操女子の小野清子さん(81)。出産を経て競技復帰したアスリートの先駆けとして、当時の子育てと競技の両立の苦...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)